長期保管してボロボロで動かなくなった車でも本当に売却できるの?

カーネクストの買取がおすすめな理由

以前まではクルマを使用する機会があったが、仕事や環境の変化であまりクルマを利用しなくなり、いつの間にかバッテリーが上がってしまいそのまま放置・・・

「たまに使用するから一応所持している」

「家族や親せき人に譲ろうと考えている」

「物入れなどに使用している」

というように、そのうち使用するかもしれないと思いクルマを長期保管されたりしている人もいますが、車は乗らなくても劣化するので早めの処分が良いんです。

乗らなくなると、まずバッテリーが上がり使い物にならなくなります。

そして、下回りの腐食や足回り、エンジン、ボディ、ブレーキ系の錆びが進行して固着します。

固着したブレーキはもちろん使用できるものではないので、ブレーキが効かない状態になり、エンジンの回転部分の(プーリー)などにも錆びが発生して、例えエンジンがかかったとしてもベルト類をヤスリのように削る事になりダメにします。

つまりは、長期保管をすればするほど、劣化が進むので使用できる部品までも捨てていると同じ事になっているんです。

「どうせ売却なんてできないから」

「引き取り料金がかかるから」

なんていう心配は不要なので、まだ使える部品が残っているうちに早めの売却が必要です。

なぜ古い車やボロボロで動かないような車でも売却が可能なのか?

ボロボロのクルマを長期保管されている人の中には、処分をしたくても費用がかかるから放置している人がいますが、今はそういった事が関係なく売却する事が可能になっています。

かといって、通常の車買取店に依頼をしたらレッカー代や処分費用がかかるので絶対にしてはいけませんが、廃車専門業者ならどんな車でも売却する事が可能になるんです。

廃車専門業者とは何?通常の買取店との違い

廃車専門業者とは自社でクルマの解体や海外輸出などを行っている専門業者になります。

通常の車買取店では、買取をした後には全国のオークション会場に流す事になるので次に乗る事が出来るような車でなければ買取金額はつきません。

年式が10年以上、走行距離10万㎞以上を経過した車は次の買い手も付かない事が多いので、例え壊れていなくても0円などという値段で買取されてしまいます。

しかし廃車専門業者では、動く車で国内売却が難しいような場合は海外に輸出をしたり、ボロボロで動かにような車は各部品を中古パーツとして販売したり、クルマのボディや足回りなどを金属資源として再利用する事により、価値あるクルマとして取り扱いをしてくれるので売却する事が可能になります。

使用しないなら出来る限り早めの処分が高値になる

バンタイプの車などは室内が広くて物を入れて置くのに丁度良いと考えて物入れに利用されている人もいますが、動くうちに!少しでもダメにならないうちに!一度査定依頼をした方が良いです。

なぜなら商業用のバンなどは特に海外に人気が高いので高値取引がされているんです。

こちらを見てください。

年式 平成6年

走行距離  153,000Km

買取金額 210,000円

平成6年と年式が古く傷・へこみ・サビも多数ですが、海外で非常に高い人気を誇る車種のため、この価格で買い取りました。

24年も前の車で、15万㎞以上も走行しているクルマが21万円ですよ!

これを少しでもダメにならないうちに売らないと勿体ないですよね~

放置すればするほど、バッテリーは痛むし、足回り、エンジン、ブレーキなどなどあらゆるところが使い物にならなくなってしまうので、無駄にしてしまう結果になります。

もしもこれくらいの物置が必要であれば、もっと安くて良いの買えますよ💦

こんな感じの、同じようなサイズでも4万5199円!!ですよ。

物置にするなら断然こっちの方が見栄えもいいし使いやすいですし安いです。

売却した金額で支払いしても15万以上残りますので、豪遊できるんじゃないですかね~

すぐに乗る予定があるならしばらくの保管は良いと思いますが、乗る予定がないのなら廃車専門業者に任せた方がお得なんですよ。

譲る予定があり長期保管するなら車庫の中で!

今は乗っていないけど、譲る予定があるから保管しておきたい。

そう考えている方であれば無理に売却をする必要はないと思いますが、半年以上も保管をするのであれば、車庫の中で保管をおすすめします。

クルマの一番の天敵が錆になりますので、出来る限り錆にくい環境にしないとせっかく保管しておいても使い物にならい場合があります。

以前に私が勤めていた自動車屋で、お客さんから依頼があり「車検切れのクルマを修理して欲しい」というような要望があり、自宅まで引き取りに伺いましたが、とても直ぐに乗れそうな状態ではありませんでした。

まずブレーキの踏み応えはスカスカ・・・

同じ場所での放置でタイヤはヒビが入り今にもパンクしそうな状態

エンジンも錆が酷く回転部分の部品は交換しないと、とても走れるような状態ではない・・・

ざっと見積もりしただけでも30万円以上はかかるような修理なので、お客さんに「本当にこの費用をかけて乗ります?」と聞いたら。

「そんなにかかるなら処分する」

といった結果になりましたが、かなり損をしています。

保管は雨ざらし状態で下は土なので、錆の進行が早くなります。

まずこういった環境での長期保管はクルマにダメージを与える事になるので、本当に乗る予定があるなら、ちゃんと車庫の中で保管をした方が良いです。

そうじゃないと意味の無い保管になり、だったら最初の動くうちに売却していた方が高く売れるので長期保管をする事でミスミス大きな金額を失っているのと同じです。

もしも自宅にボロボロの車や長期保管予定の車があるなら保管場所と今売却をしたらどのくらいの金額で売却できるのか?

というのを調べておいた方が損をしませんよ。

廃車専門業者で全国無料査定をしてくれる、おすすめ業者を詳しく知りたい方は↓の記事で紹介していますのでチェックしてください。

古い車を手放すならカーネクストの買取がおすすめ!選ばれる理由は口コミと評判にある
古い車や動かなくなったクルマを廃車にするなら専門買取業者のカーネクストがおすすめです。その理由は3つあり独自の売却ルートなどを持っているので他社には真似できない買取システムが高額に売却に繋がります。今までに0円などでクルマを手放してきた方は必見ですよ。